政調会長に就任しました

都議会自民党政調会長に就任しました!

• お知らせ タグ:

都議会自民党政調会長に就任しました!

昨日、都議会自民党の総会が開かれ、宇田川幹事長より政調会長の指名をうけました。
早速、各種団体をはじめ多くの皆様からお祝いのお花や電報を頂戴しました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

ご存じの通り東京都は約14兆円の予算と16万人の職員を有する巨大組織であり、5年後には東京五輪パラリンピックも控えています。
第一党の政策責任者としての責務の重さを改めて痛感しています。

私自身は未だ浅学非才ではありますが、政調会長代行以下5人の同僚と6人の政調会専属の職員の皆さんと協力して、幹事長を支え、
2020年に向けて、公約である「世界で一番の東京」を実現すべく精一杯努力するつもりです。

同時に、新宿に残された時間も少ないと感じています。吉住区長と連携して生まれ育った新宿の発展に全力で寄与して参ります。

秋田一郎

秋田一郎

東京都議会議員 自民党 新宿区選出 / 新宿生まれ(聖母病院)の新宿育ち 淀橋第六小(現西新宿小)、麻布中高、慶應義塾大学卒業、英国国立バーミンガム大学大学院修士課程修了(国際関係学修士)。 警察消防委員会委員長、自民党政調会長を経て、現在、オリンピック・パラリンピック推進対策特別委員会理事。 趣味は料理、読書、テニス、ボディーボード