財政再建に力を尽くしました!

• 東京都関連 タグ:

私はこの4年間の任期のうち3年間、
8年間のうち5年間を財政委員会で過ごしました。

その中で最も力をいれてきたのが財政再建。
理由は簡単。自分が借金を背負いたくないから。

確かに数年前までは、東京都の財政状況もtop_whatsnew090701
国や他の道府県と同じように酷い時代がありましたが、
現在は極めてマトモ。
私たちの世代や私たちの子供の世代に禍根を
残さないで済むような状況になっています。
東京都はこの6年間、民間企業以上に厳しい財政再建に取り組みました。
給料を切り下げ、電気や消耗品を節約し、職員は10年間で2万人以上減らしました。
さらに、全国で初めて公会計制度を導入し、真っ当な帳簿をつけるようにして透明化を図りました。

その結果、現在では1年間の収支は黒字、借金額は身の丈に合った額にまで大幅に圧縮、
貯金は1兆円を遥かに超える規模にまで都財政は良好になっています。
今や、国と比べても、他の道府県と比べても、遥かに健全な状況になっています。
東京都、国を500万円の年収の家計とすると、大雑把には↓のような感じになります。

年収 借金 1年間のローン
東京 500万円 650万円 65万円
500万円 6500万円 200万円

肝心な点は、東京都は増税せずに財政再建を果たした、という点です。

秋田一郎

秋田一郎

東京都議会議員 自民党 新宿区選出 / 新宿生まれ(聖母病院)の新宿育ち 淀橋第六小(現西新宿小)、麻布中高、慶應義塾大学卒業、英国国立バーミンガム大学大学院修士課程修了(国際関係学修士)。 警察消防委員会委員長、自民党政調会長を経て、現在、オリンピック・パラリンピック推進対策特別委員会理事。 趣味は料理、読書、テニス、ボディーボード