東京都の新型インフルエンザ対策

• 東京都関連 タグ:

東京都では以前から対策をしており、都単独でタミフル・リレンザ等を400万人分
既に備蓄しています。
また、平成21年度予算でも140億3300万円の予算を計上、具体的には

①抗インフルエンザウィルス薬の備蓄
②個人防護具・医療資器材の備蓄
③地域医療体制の強化
④施設・設備整備の推進
⑤基礎研究の推進
⑥普及啓発活動の強化

さらなる充実を図っているところです。

さらに、来月の議会では14年ぶりに6月の補正予算を編成。
新型インフルエンザ対策として新たに10億円を計上する予定です!
ご安心をいただければ、と思います。

とはいえ、何より予防措置が重要です。
外出先からご帰宅の際は、必ず手を洗う・うがいをする等の予防をして下さい!

新型インフルエンザに対する東京都の対応について詳しくは↓をご覧下さい。
http://www.metro.tokyo.jp/SUB/infuruenza2009.htm

秋田一郎

秋田一郎

東京都議会議員 自民党 新宿区選出 / 新宿生まれ(聖母病院)の新宿育ち 淀橋第六小(現西新宿小)、麻布中高、慶應義塾大学卒業、英国国立バーミンガム大学大学院修士課程修了(国際関係学修士)。 警察消防委員会委員長、自民党政調会長を経て、現在、オリンピック・パラリンピック推進対策特別委員会理事。 趣味は料理、読書、テニス、ボディーボード